Life

【レビュー】STORUSのマネークリップ

二つ折り財布からSTORUSに変えて、2週間が経ちました。
今回は、マネークリップ生活をしてみて、感じたことを書いていこうと思います。

なぜマネークリップに変えたのか

それは財布が大きくて、邪魔だったからです。

STORUSと比べると普通の財布がとても大きく見えますよね。

この財布の中身です。

これをズボンの前ポケットに入れてると、ポケットが膨らんで、シルエットがすごくダサいです。

高級なスーツを着てても、ズボンの前ポケットが膨らんでたら、カッコ悪いですよね。
普段は、カードしか使わないし、マネークリップでも充分かなって思ったので、マネークリップを買うことにしました。

STORUSのここがいい

カードの出し入れのしやすさ。

カードを差し込むと、


スゥーッって感じで、徐々にカードがきつくなっていき、ある程度したところで挟まります。

自分は、いつもこれくらいの深さまでカードを差し込んでいます。奥まで差し込まなくても、取れたりはしません。

取り出す時は、少し力を加えてやれば簡単に取り出せます。

このカードの出し入れが意外と楽しいんですよ。それに出し入れがしやすいので、レジとかでも、すぐカードが出せます。

必要最小限のサイズ

STORUSはカードがピッタリとはまる大きさをしてます。
表にカードを収納するところ。

裏にはお札を収納するところ。

お札は三つ折りにすれば、綺麗にクリップに挟めます。

二つ折りだと、カード側から見ると、はみでます。

これだけ小さいので、ポケットに入れても目立たないし、座った時に邪魔にならないんです。財布が邪魔だからって、座った時、テーブルに置く必要がなくなるんです。僕は、ずっとポケットに入れてます。

お札とカードを別々に収納できる

マネークリップというと、お札とカードを一緒に挟むタイプのやつを想像すると思います。
これだと、一緒に挟んでしまうとカードを取り出しづらいですが、STORUSだと別々に収納できるので、使いやすいです。

単純にデザインがカッコいい

このデザイン、カッコよくないですか?
無駄がないですよね。とてもシンプル!
色もグラファイトで、高級感があって、気に入っています。

STORUSのここがダメ

カードの順番を気にする必要がある

カードを奥まで差し込むと、曲がります。1番下のカードが、よく曲がります。だから、僕は少し手前までしか差し込まないようにしていますが、これでも問題なく生活できているので大丈夫です。

さらに、中の方にデコボコしたカードがあると、カードを出すたびに、デコボコ面がすり減ってしまいそうなので、デコボコしたカードは一番外側がいいと思います。

カードが5枚しか入らない

STORUSには、カードが5枚しか入りません。(薄いカードなら6枚入るかも。)

僕が、いつも持ち歩いてるカードは、
・jcbwのクレジットカード
・ソニーバンクのデビットカード
・運転免許証
・ファストジムの会員カード
・PASMO
です。

別のカードが必要な時だけ、入れ替える手間が発生するのがデメリットです。
それが嫌ならば、ザリッジなどの財布がオススメかも。ちなみに、ザリッジも候補にあったのですが、カードが取り出しずらかったのでやめました。こっちだと15枚ほど入るらしい。

小銭を入れる場所がない

これはマネークリップのデメリットですが、小銭を入れる場所がないのは、やっぱり不便です。
僕は基本的に、カードしか使わないのですが、吉野家とラーメン屋に入る時だけ、お札を使います。
その時に、小銭が邪魔になるのがデメリットです。

他のマネークリップについて

カードもお札も収納したい。
普通のマネークリップだと、一緒に挟むと取り出しづらい。
見た目は二つ折り財布なんだけど、小銭入れがないタイプのマネークリップも悩んだんですけど、これでもサイズが大きく感じてしまって、やっぱSTORUSかなってなりました。

最後に

現金を持つのは、もう辞めよう。
軽くてスタイリッシュなSTORUSを持って、外に出かけよう。