撮影機材のレビュー

【レビュー】GoPro HERO7 Black

GoPro HERO7 Black」を買いました。

GoPro HERO7 Blackの外観と商品内容


中に入っているのは、

・HERO7 Black カメラ
・バッテリー
・USB-C ケーブル
・マウント用フレーム
・粘着性ベース マウント
・マウント用バックル
・サム スクリュー

です。

これだけでは、撮影しても保存ができないのでmicroSDカードも一緒に買いましょう。

GoPro HERO7 Blackと一緒に買った商品

一緒に買った商品は、

・3-Way 9000円(税抜)
・プロテクトスクリーン for HERO5 ブラック 2400円(税抜)
・SanDisk Extreme® microSDHC ™ カード 32GB 5970円(税抜)

GoPro7本体と合わせて、全部で63,288円かかりました。

・3-Way 9000円(税抜)

これは自撮り棒です。使いやすいので、高いけどおすすめです。

・プロテクトスクリーン for HERO5 ブラック 2400円(税抜)

画面保護シールが5枚ずつ入っています。無駄に多い。
GoProを操作する側に貼り付けるシールと、GoProの前面の情報が出てくる画面に貼り付けるシールです。
レンズを保護するシールは入っていません。というか、GoPro本体を買った時から、このレンズ自体にプロテクターがつけられているので必要ないと思います。

貼り付け終わった写真です。

・SanDisk Extreme® microSDHC ™ カード 32GB 5970円(税抜)
Gopro本体にはmicroSDカードが付いてこないので、一緒に買いましょう。
とにかく長時間の動画撮影がしたいって人以外は32GBで十分だと思います。
動画を撮影し終えたら、家でパソコンに取り込んで、GoPro本体から動画を消すので、そんなに容量多いmicroSDカードを買わなくていいです。

それにしても32GBで6000円って高すぎですよね。

GoPro HERO7 Blackを買う前に、Q&A

Q.ミラーレスカメラを持っているけど、GoPro HERO7 Blackを買う必要はある?

A.もし、

ミラーレスカメラの広角レンズじゃ足りない!もっと広い景色を撮りたい!
歩きながら、手ブレのない滑らかな動画を撮影したい!

って思っているのであれば買ってもいいと思います。

GoPro HERO7 Blackのいいところは、手ブレが少ないところです。これは歩きながら撮影してみると分かるけど、ミラーレスカメラだと歩きながら撮影すると手ブレするけど、GoPro HERO7 Blackだと全然手ブレしません。

僕は動画を撮影するときは、GoPro HERO7 Blackを使っています。夜景を撮影するときは、三脚を使って、ミラーレスカメラを使うことが多いです。

Q.GoPro HERO7 Blackとミラーレスカメラ、どちらが夜景撮影に向いている?

A.これは、圧倒的にミラーレスカメラが向いています。

夜景撮影をする時にいじる機能は、

・シャッタースピード
・ISO感度
・ホワイトバランス

くらい?かと思いますが、GoPro HERO7 Blackだと、これらの機能が細かく設定できません。

どういうことかというと、
例えば、GoPro HERO7 Blackで設定できるシャッタースピードは、

・自動
・1/125
・1/250
・1/500
・1/1000
・1/2000

の6つです。
シャッタースピードを1秒や10秒に設定したいと思っても、設定できません。
夜間モードに設定したら、シャッタースピードを遅くできました。

ミラーレスカメラだと、もっと細かく設定でき、長時間のシャッタースピードに設定することもできます。
僕は夜景を撮るときは、数秒に設定することが多いので、GoPro HERO7 Blackだと物足りないなーって思っています。

ISO感度とホワイトバランスについても同様です。

GoPro HERO7 Blackは夜の撮影よりも昼の撮影向きなのかなって思います。(写真、動画のどちらとも)

Q.GoPro HERO7 Blackとミラーレスカメラ、撮影に行くときはどっちを持っていく?

A.僕は両方持っていくことが多いです。重いですが笑

GoPro HERO7 Blackには「Timewarp」っていう面白い機能があるんです。
タイムラプス動画とかハイパーラプス動画を知っていますか?

数秒おきにシャッターを押して、写真を何百枚も撮るんです。そのあと、それらの写真を繋げて、動画みたいにすることをタイムラプスって言うんです。
歩きながらシャッターを押すタイムラプス動画のことを、ハイパーラプス動画って言います。

僕が撮ったハイパーラプス動画はインスタのストーリーに載せているので良かったらみてください。
これはTimewarpを使えば、歩くだけで簡単に動画が作れます。

また、Goproの良さである超広角を生かした魚眼風の写真も撮りたい時があるので、撮影する時には持っていきます。
こんな写真です。

少し周りが歪んだ魚眼レンズを使ったような写真が撮れます。僕のミラーレスカメラでは撮影できないです。(魚眼風に撮影できる機能はあるけれど、GoPro HERO7 Blackの方がいい)

Q.GoPro HERO7 Blackの悪いところを教えて?

A.僕がGoPro HERO7 Blackを使っていて、特に気になるところは画面の操作がしづらいことです。

GoPro HERO7 Blackの画面は、かなり操作がしづらいです。
GoPro HERO7 Blackでは画面のフレーム下からフレーム上へのスワイプと、その逆のスワイプをすることが多いです。
GoPro HERO7 Blackには、自撮り棒などをつけていることが多く、その自撮り棒のフレームがスワイプの邪魔をします。
また、タッチしてから画面が反応するまでの速さもiphoneとかと比べて遅く感じます。
電源を切る時も、少し時間が経ってから電源が切れます。(たまに電源が切れなかったり、結構時間が経ってから切れることがある。)
このように操作がしづらいことが気になっています。

電池の持ちが悪いから、予備のバッテリーを買うように!!っていう人がいますが、僕にはこれくらいでも十分かなって思います。
旅行に出かけて、長時間の動画撮影をするなら必要かなと思いますが、2〜3時間くらい遊びに行って、ちょいちょい撮影しようかなってくらいの気持ちであれば、必要ないです。
(ミラーレスカメラの方は予備バッテリー持っています、、、。使う機会があるほど長時間の撮影はしてないけど、、、。)

GoPro HERO7 Blackを使って撮影した写真

◼︎東京駅

◼︎銀座

◼︎東京タワー

◼︎サンシャイン水族館

GoPro HERO7 Blackを使って、「KITTEの屋上庭園 KITTEガーデン」からの夜景を撮影してきました!GoPro HERO7 Blackを使って夜景を撮ると、どういう写真になるのか検証してきました。 舞台は、東京駅から徒歩3分ほどで行け...

GoPro HERO7 Blackまとめ

滑らかな動画が撮れて、撮影するのが楽しくなりますよ!